わきがの原因と治療法

わきがの原因と治療法

わきが

 

わきがとは「腋臭症」とも呼ばれ皮膚のアポクリン汗腺から分泌される汗が原因となって強い臭いを発生させる体質のことです。
人間の汗の分泌源には「エクリン汗腺」と「アポクリン汗腺」の2種類があります。

 

主にエクリン汗腺は体温調節や緊張した時などに分泌され、ほぼ無味無臭ですが疲労している場合には疲労物質や老廃物が混ざることでニオイを発生させます。

 

一方のアポクリン汗腺はニオイのあるフェロモンを発散させる為の汗で、異性を惹きつけるための性ホルモンが含まれているといわれています。
このアポクリン汗腺はワキの下など体毛が多い場所に多く分布しており、脂肪やたんぱく質といった老廃物が含まれていることから皮膚の細菌が分解すると独特のニオイを発生させるのです。

 

わきがの治療方法は大きく分けて手術療法と手術を用いない保存療法になりますが、最も効果的な保存療法であるボトックス注射でも効果は半年程度と永続的な効果を得るのは難しい為、根治を目指すならば手術療法となります。

 

最も一般的な手術療法は「剪除法」と呼ばれるもので、皮膚の皺にあわせて数センチほど切開を行います。そして開いた部分の皮膚を裏返して医師が目で確認しながらアポクリン汗腺を取り除いていくのです。

 

わきがは症状によって最適な治療法が異なるので、医師と相談の上で1番最適な治療法を選択して下さい。